就職支援基金の職業訓練は継続、恒久化へ



ネットで仕事の売り買いが500円からできます。あなたの特技が売れるかも!


就職支援基金の職業訓練は継続、恒久化へ

民主党の期待の政治家、
長妻厚生労働相から就職支援の一つ、

生活支援金を受けながら職業訓練ができる求職者支援事業

を今後も引き続き継続するとの
表明がされた模様です。

今後も長びくと思われるこの不況時に、
最低限の支援策が継続されることに
私も個人的にほっとしています。

政権をとった民主党には
ぜひ、幅広い求職者支援を積極的に行ってもらいたいと期待しています。

以下、(就職支援基金の職業訓練は継続、恒久化へ(読売新聞) より引用)

 長妻厚生労働相は6日、2009年度補正予算の「緊急人材育成・就職支援基金」(7000億円)のうち、生活支援金を受けながら職業訓練ができる求職者支援事業を10年度も引き続き実施し、その上で同様の事業を11年度から恒久化する方針を表明した。

 恒久化のための求職者支援法案は、早ければ来年1月の通常国会に提出する。

 民主党は衆院選前から、同基金の事業運営を委託された中央職業能力開発協会を「厚労省の天下り機関」だとして問題視し、基金の凍結を主張していた。

 ただ、求職者支援事業は訓練受講者(受講予定者を含む)が9月29日現在で6784人に上り、8月の完全失業率は過去2番目に悪い5・5%だった。連立3党の合意にも求職者支援の実施が盛り込まれたことから、基金の半額の3466億円を凍結の範囲外とし、10年度まで存続することとした。厚労相は「10年度は『つなぎ』的に基金の使い勝手をよくして存続する」と述べ、委託先の再検討も含め、基金の運用に改善を施す考えを強調した。

引用はここまで。

ミッド・キャリア層の再就職支援

ミッド・キャリア層の再就職支援

新たなガイダンス・ツールの開発プロジェクト研究シリーズ 著者:労働政策研究・研修機構出版社:労働政策研究・研修機構サイズ:単行本ページ数:225p発行年月:2007年04月この著者の新着メールを登録する【目次】(「BOOK」データベースより)第1部 研究の背景/第2部 自己理解を支援するための新たなツール開発(管理機能行動目録/認知的課業の遂行能力--短期記憶と作動記憶/心の硬さ尺度/自己理解ツール集)/第3部 キャリア・プランニングを支援するための新たなガイダンス・システム開発(キャリア・インサイトMC)/第4部 効果的な職業相談の進め方(中高年求職者の職業相談)/第5部 資料この商品の関連ジ・・・楽天ブックスの商品はコチラ

¥2100

就職活動支援団体One-Up 関西テレビ登場!!

タグ

2009年10月 6日|

カテゴリー:支援制度



転職成功の秘訣は、サイトに公開されない求人にあった。


「ワークゲート」は国内最大級の求人情報サイトです。
随時8000件以上のお仕事情報を掲載してます!