日比谷の派遣村が閉村 自立の道は険しい



ネットで仕事の売り買いが500円からできます。あなたの特技が売れるかも!


日比谷の派遣村が閉村 自立の道は険しい

日比谷公園で行われていた派遣村が閉村となりました。
まだ景気状態が落ちこんでいる中、寂しいニュースです。

この日比谷公園の派遣村と言えば、湯浅代表とともに思い起こすのが
労働条件の悪い中、景気を支え頑張ってきた派遣労働者の人たちが
この不況で、いとも簡単に派遣切りにあい、
失業、寮から追い出され、蓄えのない方はホームレス直行・・・
というなんとも先進国日本とは思えないこの現実を
全国に突きつけたのが、この日比谷公園の年越し派遣村だったと思います。

以下、(<派遣村>日比谷公園「閉村」 入村者それぞれの道へ一歩(毎日新聞) より引用)

<派遣村>日比谷公園「閉村」 入村者それぞれの道へ一歩(毎日新聞)

 仕事や住まいを失った派遣労働者らを支援するため、昨年末、東京・日比谷公園に開設された「年越し派遣村」が、30日で活動を終える。村は、この不況で最も追い詰められた人々の現実を社会に印象づけた。開村から半年。新たな仕事を見つけて再出発した人もいれば、自立を模索中の人もいる。入村者の「その後」は一様ではないが、「派遣村が訴えた問題を忘れないで」との思いは同じだ。【工藤哲、東海林智】

 午前6時半。人影まばらな都内の食品工場のゲートに、岩手県出身で、カズさんと呼ばれる男性(29)が現れた。緑の作業服を着て取りかかったのは、建物周りの清掃作業。竹ぼうきで植栽の落ち葉やごみを掃き出していく。作業はきついが、「自立したい」との思いが体を動かす。

 東北地方の工業高校でインテリアの勉強をし、将来は建築の仕事に携わりたいと思い描いた。しかし、98年の卒業当時は就職氷河期。非正規社員として社会に出ざるをえなかった。職場を何度か替えた末、期間従業員として地元の自動車工場に勤務したが、体を壊し、上司から「1カ月でラインに入れる体にならないならクビだ」と言われ、辞表を出した。昨年暮れ、所持金が15万円になり「路上生活か」とあきらめかけたころ、派遣村を知り、駆け込んだ。

 スタッフと一緒にハローワークに行き、今の清掃会社の職を見つけた。初めて手にした「正社員」の肩書。スタッフの協力で、家賃5万円の1Kのアパートを借り生活保護や家賃の保証会社のことも知った。

 月給は15万円。初の支給日には、焼き肉店で1皿400円のホルモンを腹いっぱい食べた。「派遣村はスタートラインを引いてくれた。あとは何とか自分の力で切り開きたい」とカズさんは話す。

 一方、昨年末に派遣村に入村した東京都中野区の男性、シマさん(37)=仮名=は、求人が少ない中で仕事が見つからず、今も求職活動を続けている。造園の仕事を中心に5社に履歴書を送った。だが、面接にこぎ着けたのは2社だけ。うち1社は「サービス残業が前提」と言われた。しかし、10万台前半の賃金では生活が成り立たない。シマさんは「残業代も払ってもらわないと生活できない」と訴えた。会社は「そういう人は来なくていい」とあっさり不採用になった。

運良く職にありつけた人もいれば、
未だに歯を食いしばって再就職するために頑張り続けている人たちもいます。

 低賃金を我慢して働くことも考えたが、生活できない賃金では、また住居を失いかねないと思い直した。造園業の職業訓練が受けられないかハローワークに相談した。大学では建築学を学んでいた。どうにか職業訓練を受けられそうだ。「急がば回れですかね」とシマさん。生活保護で住居があることのありがたさを思う。

 派遣や期間工を繰り返した日々。社会は自分を疎外する場所と思い込んでいた。シマさんは言う。「派遣村で多くの善意の人にふれ、もう一度、社会の中で頑張ってみようと考えが変わった」。道を切り開こうと仕事探しに向かい合う。

【関連ニュース】
年越し派遣村:東京は30日解散「生活安定してきた」
一筆入魂:[248]日比谷・派遣村の湯浅誠氏に押された麻生政権
官邸動かした派遣村(その2止) 「すぐやれ!」叫ぶ村民
官邸動かした派遣村(その1) 与野党超え、電話リレー
時代を駆ける:湯浅誠/1 派遣村、あふれる人波「やるしかない」

引用はここまで。

前から気になっているのが記事にもある職業訓練のこと。

以前、テレビでも見ましたが
「職業訓練」が受けたくても定員オーバーで
受けられない人たちが本当に多すぎます。

施設、設備、教える人材に限りがあるのはわかります。
政府も職業訓練について、いろいろ対策をしたようですが
それでもお粗末な状況としか思えません。

上記記事の失業者の方の
「ハローワークで相談~職業訓練が受けられそうだ。」のように
一人でも多く、職業訓練を受けるチャンスを作ってもらいたいです。

最後に・・・
派遣村のみなさん、本当にお疲れ様でした。。。m(_ _)m

失業者職業訓練

青年期と職業訓練

青年期と職業訓練

自立の心理学の探求 著者:渡辺顕治出版社:かりばね書房/法規文化出版社サイズ:単行本ページ数:244p発行年月:2008年01月この著者の新着メールを登録するこの商品の関連ジャンルです。 ・本> 人文・地歴・哲学・社会> 社会> 労働・・・楽天ブックスの商品はコチラ

¥1800

職業訓練原理

職業訓練原理

著者:田中万年(1943ー)出版社:職業訓練教材研究会サイズ:単行本ページ数:231p発行年月:2006年03月この著者の新着メールを登録するこの商品の関連ジャンルです。 ・本>・・・楽天ブックスの商品はコチラ

¥2793

タグ

2009年6月30日|コメント (0)

カテゴリー:支援制度


コメントを投稿する

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)






転職成功の秘訣は、サイトに公開されない求人にあった。


「ワークゲート」は国内最大級の求人情報サイトです。
随時8000件以上のお仕事情報を掲載してます!