フリーターと就職



ネットで仕事の売り買いが500円からできます。あなたの特技が売れるかも!


フリーターと就職

多くの会社、工場は非正規社員(派遣社員、アルバイト、パート、フリーター)で成り立っている現実突然ですが「フリーター」という言葉の意味を知っていますか?

良く聞く言葉ですよね。ちょっと調べてみると・・・

………………………………………………………………

フリーターとは・・・日本で就職していない就労形態のことを意味します。生活の手段として、パートの仕事やアルバイトをしている人たちを指します。

フリーターは、フリーアルバイターとも言われ、就労形態を現す用語なので、職業の区分として用いるのは間違っています

厚生労働省はフリーターの定義として、在学・就職をしておらず、女子は加えて未婚であることのうちどちらかの条件を満たし、年齢は15歳以上34歳以下であることとし、1991年に実質調査を行いました。

どこかに雇われて仕事をしている人の場合でも、正規雇用ではなくパートタイマー、アルバイトとして扱われている人は該当しています。

求職活動中の人に関しては、希望している雇用形態が正規雇用ではなく、アルバイトやパート先を探している人が該当します。家事見習いでもなければ学生でもないことが条件です。

最初にフリーターという単語ができたのはアルバイト情報誌でした。

1997年に作られたこの言葉は広く使われるようになり、広辞苑にも載っています。和製英独語であるフリーランス、アルバイターの造語の為に、入国審査の際の職業欄にフリーターと書いても通じる事はありません。

英語圏では、パーマネントパートタイマーと呼ぶ事が多いです。

近い将来にプロの音楽家や役者、画家、作家などになるために、正社員にならずらアルバイトを続けて生活費を稼ぐという人たちが、1980年代後半のバブル期には結構いたようです。

将来への希望を叶えるために頑張っている若者達を否定せず応援する言葉としてフリーターという言葉は生まれました。プータローとは意味が違うというわけだったのでしょう。

………………………………………………………………

トヨタショック以降、私の周りには正社員になれず派遣社員の人、派遣切りにあいアルバイトやパートの仕事で食いつないでいるがたくさんいます。

しかし、そのような人達が今の日本の仕事の現場を支えている現実があるのも事実です。

 

 

2011年5月29日|

カテゴリー:フリーターと就職



転職成功の秘訣は、サイトに公開されない求人にあった。


「ワークゲート」は国内最大級の求人情報サイトです。
随時8000件以上のお仕事情報を掲載してます!