あんな仕事こんな仕事



ネットで仕事の売り買いが500円からできます。あなたの特技が売れるかも!

フリーターと就職

多くの会社、工場は非正規社員(派遣社員、アルバイト、パート、フリーター)で成り立っている現実突然ですが「フリーター」という言葉の意味を知っていますか?

良く聞く言葉ですよね。ちょっと調べてみると・・・

………………………………………………………………

フリーターとは・・・日本で就職していない就労形態のことを意味します。生活の手段として、パートの仕事やアルバイトをしている人たちを指します。

フリーターは、フリーアルバイターとも言われ、就労形態を現す用語なので、職業の区分として用いるのは間違っています

厚生労働省はフリーターの定義として、在学・就職をしておらず、女子は加えて未婚であることのうちどちらかの条件を満たし、年齢は15歳以上34歳以下であることとし、1991年に実質調査を行いました。

どこかに雇われて仕事をしている人の場合でも、正規雇用ではなくパートタイマー、アルバイトとして扱われている人は該当しています。

求職活動中の人に関しては、希望している雇用形態が正規雇用ではなく、アルバイトやパート先を探している人が該当します。家事見習いでもなければ学生でもないことが条件です。

最初にフリーターという単語ができたのはアルバイト情報誌でした。

1997年に作られたこの言葉は広く使われるようになり、広辞苑にも載っています。和製英独語であるフリーランス、アルバイターの造語の為に、入国審査の際の職業欄にフリーターと書いても通じる事はありません。

英語圏では、パーマネントパートタイマーと呼ぶ事が多いです。

近い将来にプロの音楽家や役者、画家、作家などになるために、正社員にならずらアルバイトを続けて生活費を稼ぐという人たちが、1980年代後半のバブル期には結構いたようです。

将来への希望を叶えるために頑張っている若者達を否定せず応援する言葉としてフリーターという言葉は生まれました。プータローとは意味が違うというわけだったのでしょう。

………………………………………………………………

トヨタショック以降、私の周りには正社員になれず派遣社員の人、派遣切りにあいアルバイトやパートの仕事で食いつないでいるがたくさんいます。

しかし、そのような人達が今の日本の仕事の現場を支えている現実があるのも事実です。

 

 

2011年5月29日|

カテゴリー:フリーターと就職


日雇いバイトを選ぶ理由って?

konbini.gif

みなさんは日雇いバイトってしたことありますか?

私はあります。

右図のようなコンビニなどでの棚卸し作業や
ダイレクトメールの仕分け、梱包、
ビル電気室の夜間清掃、
某家具店にて商品出し、レジ補助作業などなど・・・

不景気なこの時期、就職は決まらない!

派遣の仕事も決まらない!!

長期アルバイトも決まらない!!!

そんなこんなで経済的にも追い詰められ
日雇いバイトを選ぶとパターンが多いと聞きます。

しかし、日雇いバイトをするといっても、いろいろ理由が人それぞれあります。

日雇いバイトをする人にはどんな理由がるのでしょうか。

最近、日雇いバイトをする人が年々増えているそうです。

日雇いのアルバイトを選ぶ理由で一番多いのは、楽な気持ちで仕事ができるということです。

この理由がかなり多いことは、いろんな職場の方々と接する機会ごとに私も以前から実感していました。

職場の人間関係の問題は、企業に就職して正社員として働いている場合、仕事内容よりも多く出てくる問題だといえるでしょう。

職場の人間関係などはほとんど無いようなものが、日雇いバイトの特徴です。人間関係でもめるようなストレスはあまり無いので、仕事が気楽にできるでしょう。

仕事の責任の少なさも、日雇いバイトを選ぶ理由のひとつとしてあげられます。

同じ会社で長く働いていると、責任のある仕事を任せられるようになります。

この責任の重さがストレスになってくるのです。日雇いアルバイトの場合、責任はほとんどないのです。その日限りの仕事だからです。仕事のわずらわしさや、人間関係で悩むことはほとんどないでしょう。

派遣会社の日雇いのシステムの普及も、日雇いバイトが選ばれる理由として考えられます。

携帯で手軽に日雇いバイトの情報を入手することができる仕組みです。派遣会社に登録さえしておけば、次の日から簡単に仕事ができるので日雇いバイトが増加していると言われています。

このような手軽な日雇いバイトは今後も選ばれていくと思いますし、需要もさらに増えると思います。

何といっても仕事の内容や職場の人間関係のわずらわしさが無いですから・・・。

日雇いバイトといっても時給750円からとか、日給8千円とか・・・ピンからキリまでありますが、交通費などの経費が自己負担かどうかも大きな選択する際のポイントかと思います。

バイト選びも下調べが肝心です。気をつけましょう。

タグ

2011年2月28日|

カテゴリー:日雇いバイト


日払い仕事を探すなら

私も経験しましたが、日払いの仕事を探すのならやはり派遣会社に登録するのがお勧めです。


日払い仕事の派遣先では仲良く♪

そもそも現在の日払い仕事のほとんどは、派遣会社が斡旋、紹介していると言っても過言ではないからです。

何のつてもないなら、派遣会社を頼らずに仕事を探す方がむしろ大変です。

日払い仕事を派遣会社から請けることは、確実性や効率の良さで群を抜いています。

日払いの仕事の内、どんな仕事を求めているかを派遣会社にあらかじめ登録しておくことによって、いい仕事をメール送信で教えてもらえます。

今はネット時代ですのでパソコンからでも携帯からでも仕事情報が得られ、とても便利です。

そのため、毎日、時間を使って独力でよりよい日払いの仕事を探し求めずとも、派遣会社側から仕事を教えてくれます。

派遣会社の大半はエントリー料金等は不要で、履歴書もたびたび出さなくても大丈夫です。

もし、紹介された日払い仕事が自分の希望する条件と異なる場合は、派遣会社にその旨を伝えるときちんと対処してもらえます。そのままにしておくのはもったいないですよ。

もちろん、紹介された仕事が自分に合わなければ断ることも可能です。


ですので、今、迅速に派遣会社から日払い仕事を紹介してもらうには、携帯電話が必須のアイテムとなります。

派遣会社の中には、仕事内容の連絡メールの他にも、日払いの仕事のはじまりから終わりまでを携帯で確認したりします。

携帯電話をまだ持っていないなら、派遣会社に登録をする前に携帯電話の契約をして日払い仕事の斡旋をしてもらえる準備をして下さいね。


経験者の私からアドバイスできることと言えば・・・

たとえ日払いの仕事だと言っても

時間は厳守(特に時給、評価等に大きく影響します)

どんな仕事でも一生懸命取り組む姿勢が大事(失敗したらきちんとあやまる、怠けない、責任者に反抗しない)

初めて会った仕事仲間でも仲良く(他のアルバイト先で再会することも多々あり。時に休憩時間を調整しあい助け合ったり、知らない派遣先の仕事場などの貴重な情報を交換し合えることもあり)

派遣会社の担当者とも日頃から仲良く(優先して条件の良い仕事を紹介してくれる場合あり)

・・・これらが出来れば派遣会社で自分への評価もあがり、
より歩合の良い日払い仕事にありつける可能性が上がると思います。

また、日払いの仕事は何よりも即収入になりますから、やりがいもありますし実際、自分も金欠の時は本当に助かりました。

未経験のみなさん、また、機会があれば一度、トライしてみてはいかがでしょうか?


タグ

2011年1月20日|コメント (0)トラックバック (0)

カテゴリー:日払い仕事


最新情報


転職成功の秘訣は、サイトに公開されない求人にあった。


「ワークゲート」は国内最大級の求人情報サイトです。
随時8000件以上のお仕事情報を掲載してます!